腹式呼吸のやり方.net » 腰椎すべり症と整形外科

腰椎すべり症と整形外科

腰椎すべり症はその多くが若い時に激しくスポーツをしすぎ、その弾みで脊椎の関節突起が離れてしまう腰椎分離症から併発します。

重度の腰椎すべり症になりますと椎間板ヘルニアのように神経根をも圧迫し、下肢の痛みなどが出現します。整形外科での処置としてレントゲンでの所見が上げられますが、レントゲンで分離が認められ、整形外科の医師からは一生治らないと云われてしまい、心配される方も多いようです。

しかし、腰椎分離症は無症状である場合のほうが多く、腰痛を起こすことは使いすぎたり筋肉が弱って支えきれなくなる、といった問題が起こるケースに限られます。

また、腰椎すべり症で痛みがあった場合には、しばらく安静にしたり薬物を内服したり、腹筋を鍛えたりすることで症状が無くなる場合が多いようです。しかしながら腰痛に比べ、下肢まで痛みがあるという場合には治すことも長い期間がかかることが多く、根気よく治療を受けることが必要でしょう。

整形外科での処置としてその他にはMRI検査があります。MRIによって椎間板が出ている、という診断結果が出た場合、ヘルニアではないか、と疑う患者さんも多いようですが、これは検査をすればよく出る現象のようです。

神経そのものが椎間板で圧迫されているような症状が無ければ、痛みも起こることは少ないでしょう。また、もしも下肢の痛みが薬物などの治療でも治らないという場合では、椎間板の切除のために手術をすることになります。

腰椎すべり症の治療の前にまずチェックしておきたいことも多くあるでしょう。腰椎すべり症予防のためには、腰に負担のかからないような姿勢を習慣付けることや、肥満に注意することなどです。

また、腰椎すべり症で腰痛があってうまく筋肉を鍛えることができないというケースでは、水泳がとても効果的であると言われています。重力に逆らって水の中で歩くと、腰の部分を効果的に鍛えたり、他の色々な部分の筋肉についても効果は高いようです。

またカイロプラクテイックや無痛整体なども腰椎すべり症の痛みをとるために試してみる価値はあるでしょう。