腹式呼吸のやり方.net » 変形性膝関節症の治療方法

変形性膝関節症の治療方法


加齢とともに膝の痛みというのに悩んでくる方も多いと思います。その原因として、膝の関節にある軟骨がすり減ってしまうことで痛みを生じる変形性膝関節症が挙げられます。

変形性膝関節症は膝の痛みを抱える方で最も多い原因となっています。特に高齢の女性が多いという特徴があります。また、老化によらずスポーツによる怪我なども原因となり得ます。

この変形性膝関節症の治療法としては、基本的に運動療法と薬物療法になります。軟骨というのは一度すり減ってしまうと完全には元通りになるということはありません。

このことから、前述の治療のような保存療法を行って、それ以上変形性膝関節症の症状が悪化することのないように、また出来る限り変形性膝関節症の症状を軽減するような治療を行います。

具体的には運動療法では、痛みを緩和するのと同時に日常の動作をスムースに行うことの出来るように、必要な筋力をつけるといった目的もあります。ストレッチやリハビリ、筋力トレーニングを行います。

薬物療法による変形性膝関節症治療としては、主に痛みや炎症を抑える抗炎症剤などが用いられます。抗炎症剤の持つ消炎効果と鎮痛効果による症状の軽減を期待します。

薬のタイプは飲み薬から湿布、塗り薬、さらに座薬などがあり個人の生活、症状に合ったタイプのものを選択することが出来ます。

ここまで挙げた保存療法で思うように変形性膝関節症の症状が改善せず、治療効果が期待できない場合、特に症状が進み重度の状態では手術を行うことになります。

変形性膝関節症の手術には関節鏡手術や高位脛骨骨切り術、片側人工膝関節弛緩術、そして人工膝関節全置換術があります。

それぞれ個人の症状に合った手術法を医師と良く相談することで、選択することになるでしょう。しかし、手術治療は身体にかかる負担が大きく、特に高齢者にとってはなおさら大きな影響を与えるので、簡単には行われません。