腹式呼吸のやり方.net » 入浴について

入浴について

季節や家庭の習慣、そして地域によっても入浴の習慣が変わると思います。特にお湯は張らずにシャワーで身体を洗って済ます方も少なくないと思いますが、それとは逆に入浴するのが普通といった方もまた多いと思います。

この入浴なのですが、普通に入浴をする事でも実は健康に良くない入り方というのが存在していて、意外と知っている方は多くはないと思います。

普通は寒ければ湯の温度を上げて身体を温める、そしてそこまで寒い日でなければ若干ぬるめのお湯につかることがあると思います。

しかし良くないのがその日の気温が寒くても熱い風呂に浸かる事は健康に良くありません。良い事は身体の芯まであったまりリラックス出来る事にあると思います。

しかし熱いお湯につかってしまうと身体が暖まりきる前に熱くて上がってしまう事も少なくないでしょう。熱い風呂に入ると身体の外面が先に暖まりきるので温まったと勘違いしてしまう事も少なくありませんし、なにより体温よりずっと高い温度に浸かってしまう事は心臓や神経に良い影響を与えません。

理想は体温より若干高めの温度のお湯にゆったり浸かる事が良いのです。そうする事によって新陳代謝も高めますし、身体の血行に良いと言われています。

あついお風呂にぐっと身体を浸からせるのも気持ちの良い事ですが、実はあまり良い事ではない事を知識として入れておくと良いと思います。

そして最近流行っていた半身浴も身体にはいいと言われています。肩まで浸かって身体全体を暖めるのも気持ち的には良いですが、身体にとっていい事ではないというのもあるみたいです。

そう考えると日々健康に悪い入り方をしていたと思い返してしまいます。健康の事を考えるのであればこういった些細な事でも実践していくと良い健康状態を維持出来るのではないでしょうか。