腹式呼吸のやり方.net » 脊柱管狭窄症に用いられる薬

脊柱管狭窄症に用いられる薬

脊柱管狭窄症は、脊柱管が何らかの原因で狭まり、脊柱管を通っている神経を圧迫することにより起こる症状です。

脊柱管狭窄症が酷い場合は原因となっている部位を切り取る切除するために手術することもありますが、基本的に保存療法がメインとなります。脊柱管狭窄症を完全に治癒することは難しいため、痛みを取り除いたり、薬で改善させたりしながら治療します。

脊柱管狭窄症の薬物療法で使われる主なものは、非ステロイド性消炎鎮痛剤、プロスタグランジンE1誘導体製剤、ビタミンB12などです。非ステロイド性消炎鎮痛剤は炎症を抑えて痛みを軽減させる薬です。

副作用の少ないものも出てきてはいますが、長期間使用すると胃痛や下痢などの胃腸への副作用、また肝機能や腎機能の障害が起こる確率も上がってきますので、医師と相談しながら使用することになります。

プロスタグランジンE1誘導体製剤は、抹消血管を広げて血流改善を促す効果があり、間欠跛行に効果があるとされています。ビタミンB12は、神経組織を回復する作用があり、元来は末梢神経障害のための薬です。

脊柱管狭窄症に対して効果があるかどうかはまだ分かっていませんが、副作用がないので利用する場合があるようです。

これらにプラスして、筋弛緩剤を使う場合もあります。脊柱管狭窄症が原因で起こる痛みのために筋肉が緊張した状態が続くと筋肉が凝ってしまい、その凝りによって痛みがさらに強くなるという悪循環に陥ってしまうのを防ぐために用いられます。

さらに漢方薬が用いられることもあります。漢方薬であっても全く副作用がないというわけではありませんが、やはり新薬に比べ副作用がゆるやかであることが多いため、長期に渡る脊柱管狭窄症治療に向いているといえます。

具体的には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)や八味地黄丸(はちみじおうがん)などが用いられるようです。経口薬だけでなく、直接痛みをやわらげるために湿布薬を用いる場合もあります。

ただし湿布には痛みのある部分を湿布によって冷やして痛みをやわらげる冷湿布と、温めて痛みをやわらげる温湿布の二種類がありますので、どちらを使えば良いかは自分の脊柱管狭窄症の状態について担当の医師とよく相談してから決めて下さい。