腹式呼吸のやり方.net » 頚椎ヘルニアと頭痛

頚椎ヘルニアと頭痛

頚椎ヘルニアの主な症状に、頭痛があります。頚椎ヘルニアの頭痛は、主に筋肉の緊張が原因となって発症します。首や肩まわりの筋肉が徐々に緊張して疲労感を覚えてくると、血流が悪化して、頭部に流れるべき血の循環が悪化することで、このような症状が発生します。

頚椎ヘルニアでは、締め付けられるような痛み、または鈍いような痛みが顕著で、持続的になる場合もあれば、たまに出現するというケースもあります。改善策として、入浴などの温感治療があります。

またこの場合は筋肉に対して緊張をほぐすことで、痛みが緩和するため、マッサージや超音波などでも効果を発揮する場合が多々あります。

頚椎ヘルニアの場合は頚椎の局所の部分に負担がかかっていますので、その中身が何なのかを知るためには、全身の骨格を扱うカイロプラクテイックなどで検査を受けて治療をすると改善する場合も多くあります。

頭痛があまりに激しいという場合、また手足の痺れや指の仔細な動きができないという場合は頚椎ヘルニアの手術を勧められることが多くあります。

特に歩行困難になるとほとんど適用されます。このような頚椎ヘルニアの症状を放置すると長生きできなくなりますので、手術が最適です。後遺症が残る確率もだんだんと高くなってきますので、できるだけ早い頚椎ヘルニアの処置が大切になります。

猫背になりやすい方、特に頭部が肩よりも前面に大きく出てしまうような姿勢になりやすい方は、普通の方よりも何倍も多くの負担が頚部にかかっていることになりますので、できるだけ意識して姿勢を矯正するように心がけなければなりません。

頭痛がちょっとする、という程度であれば病院にいかなくても安静にすることで症状は軽減されますが、姿勢が悪く、他にも症状があるという場合は、一過性のものである可能性は高くありません。

自己診断はとても危険ですので、2日も続く場合は早めに病院で医師の診断を受けて結果を明らかにする必要があります。頭痛は続くと日常生活にも大きく影響しやすく、ストレスによって生活もままならなくなってしまいます。