腹式呼吸のやり方.net » 腰椎椎間板ヘルニアとPED

腰椎椎間板ヘルニアとPED

腰椎椎間板ヘルニアの手術にはいくつか種類がありますが、ラブ法に変わって普及しつつあるのが、PED法(経皮的内視鏡下椎間板摘出術)です。

これの基本法としてPDがあります。このPDは、経皮的椎間板摘出術と呼ばれ、局所麻酔をして、経皮レベルで切開し、椎間板のヘルニアを摘出する方法で、レントゲン透視を用いてのアプローチになります。

この経皮的椎間板摘出術に内視鏡をもちいる技術を付加した術式です。患部を経皮レベルで切開してから、内視鏡を挿入し、その出力した映像を見ながら摘出していきます。

目視下の場合と違い、遠隔のモニターを見ながら、手は仮想的に操作しなければなりませんので、高度の技術を必要とします。利点としては、経皮的に6ミリ以下の切開で済み、骨の切除がほとんど不要で、関節や筋肉の損傷も少なく、後方MEDよりも侵襲性が低いことなどが上げられます。

また、腰椎椎間板ヘルニアの手術としてはもっとも回復期間が短く、一日入院するだけで済むという利点があります。逆に難点としては、脊柱管が狭い場合、椎間孔が狭い場合、腰椎椎間板ヘルニア自体が大きく移動してしまった症状の場合には適用外になります。

PEDは術後に腰椎椎間板ヘルニアが再発したケースにも有用です。一度手術をすると、患部の神経と筋肉は手術痕によって見えにくくなりますが、目視下の場合よりも内視鏡の守備範囲の広さを利用したPEDによって、神経を損傷させることなくスムーズな施術が可能になります。

PEDを適用する腰椎椎間板ヘルニア患者さんがあっても、日本ではまだ経験を積んだ医師はそれほど多くないというのが現状です。この術法の名医と呼ばれる医師は常に予約がいっぱいで、キャンセル待ちの状態です。

キャンセルといっても手術のキャンセル待ちが成功する確率はかなり低いと言えます。また適用したからといって、術後のリハビリを怠ることは危険です。筋肉をトレーニングし、ストレッチさせることで、骨に余計な負担をかけないようにすることが腰椎椎間板ヘルニア予防のためにもっとも有効です。