腹式呼吸のやり方.net » フットケアと看護について

フットケアと看護について

最近では医療の現場でも重要視されているフットケア、日本はフットケア先進国に比べればまだ遅れをとっている状況ですが、日本フットケア学会が設立され、医療現場で活躍できるフットケア技師の育成も行っています。

糖尿病などの病気では資格をもったフットケア技師による看護が必要です。血糖値が高い状態が続くと、動脈硬化の原因となり血液の流れが悪くなったり、感染に対しての抵抗力が低下し、傷の治りが遅くなったり化膿しやすくなります。

また、知覚障害になると、痛みを感じにくくなり、怪我ややけどに気づかずに化膿したまま悪化する場合があり、最悪、足病変で切断するケースもあるのです。

足はなかなか自分で異常に気づくのが遅れがちです、そういったことを防ぐ為にフットケア技師による適切な看護が大切になってきます。

セルフチェックする習慣を付けることも大事です、知覚障害による足の異常に早く気づくためにも毎日チェックしましょう。

傷ややけど、爪の状態、足の皮膚や爪の色や形、タコ、魚の目、炎症等、異常がないことを日々確認することが予防になります。

足の裏や指の間等も鏡を使ったり家族に見てもらうといいと思います。日々綺麗にしておくことも大事なことです。

爪もきちんと手入れしましょう、伸びすぎ、切りすぎもよくありません、なるべく明るく見やすい場所で切ることをお勧めします、深爪や傷を付けないように注意しましょう。

切るタイミングとして一番いいのは入浴後です、爪も柔らかくなっていますのでとても切りやすいです。

靴選びも重要です、足に合わない靴の場合、擦れて魚の目やタコができやすいのです。体重が均等にかかる靴を選びましょう、ハイヒールやミュールのようなものは避けたほうがいいです。

さらにやけどにも注意が必要です、知覚障害に陥っている状態では低温やけどになりやすいです、こたつや電気カーペットのようなものでも気づかないでやけどしてしまう場合があります。なんらかの異常があれば、早めの受診を心がけましょう。