腹式呼吸のやり方.net » 接骨院とは

接骨院とは

接骨院とは、柔道整復師と呼ばれる「業務として柔道整復を行うことができる国家資格を持つ者」が柔道整復術を行う施術所のことを指します。

また、広く用いられている接骨院、整骨院、ほねつぎといった呼び方はいずれも俗称です。柔道整復師法に基づいて決められている、「柔道整復師施術所」が正式な名称です。ですが、ここでは呼びやすさを重視して、呼び名を接骨院で統一したいと思います。

接骨院を開く際に必要不可欠な資格である柔道整復師は、「柔道整復師法」と呼ばれる法律で定められている資格です。

これを所持していれば「医業類似行為」の柔道整復術を行う施設として柔道整復師施術所、接骨院を開業することができます。しかし、接骨院の業務範囲は急性、あるいは亜急性の捻挫や打撲に対して行われる施術、並びに骨折や脱臼に対しての応急的な措置に限定されています。

そのため、緊急でないケースにおいて柔道整復師が骨折や脱臼の処置を行う場合には、あらかじめ専門医の同意を得ておくことが必要となります。

また、腰痛や肩こり、変形性関節症、並びに五十肩などといった、「慢性疾患」や「陳旧性の外傷」などといったものに対する処置を行うことはできないと定められています。また、これらに対する保険等の適用についてですが、処置の内容によって変わってきます。

まず、基本的に、先に挙げた柔道整復師の資格の範囲内で行われる処置については健康保険、自賠責保険、労災保険といった保険が適用されます。

しかし、腰痛や肩こりなどといった症状に対する処置については、保険が適用されません。というのも、腰痛や肩こりなどの慢性的な疾患に関しては、外傷とみなされないために健康保険の適用ができないのです。

もし接骨院で腰痛や肩こりなどの症状に対するマッサージ等の処置に対して保険を適用した場合、違法行為とみなされます。